私の適応障害-適応障害の完治克服までの全記録

私の適応障害記事一覧

適応障害の発症原因

私の適応障害発症原因は、会社の業績悪化です。決算が1か月後に迫った2月。異常な為替変動の影響で、その時点での決算予想でも、大幅な赤字は避けられなくなっていました。しかも、毎日のようにジリジリと進んでいく為替変動のために当社はアリ地獄にはまったアリのようでした。どうあがいても手の打ちようがないのです。...

≫続きを読む

 

発症時の症状

自分の異変に気付いたのは、決算が2ヶ月後に迫ってきた1月下旬〜2月上旬でした。夜、自宅の廊下を歩いているとき、真っ直ぐ歩いているはずなのに、壁に体がぶつかったんです。幅1メートルの廊下なのに、足元を見ると廊下の右端に寄っていて、それで壁にぶつかっているんです。自分では、いつものように真ん中を歩いてい...

≫続きを読む

 

脳神経外科では異常なし

偏頭痛がするとは言え、脳みその外傷的な痛みではない感じでした。しかし、万が一、脳みそに異常が見つかったらどうしよう!そんな不安を抱きながら、その地域では一番有名な脳神経外科を訪れました。待つこと1時間。呼ばれた外来担当医に最近の症状を告げると、 本名と生年月日 今日の日付 先生の言うことをおうむ返し...

≫続きを読む

 

適応障害と診断される

脳神経外科から電話連絡してもらっていたので思いのほか早く診察してもらえました。主任の心療内科医が定休日で代替医が務める日だから、患者さんが少なかったことということもあったかもしれません。医師に紹介状を見てもらっている間、待合室で渡されたチェックシートの該当項目にチェックを入れて行きます。ほどなく、診...

≫続きを読む

 

休職願いを提出

2月ころから、社内でも真っ直ぐ歩けず、赤ちゃんでもないのに、壁に手を当てて伝い歩きをしたり、部下を私の席に呼んで指示を出しているときに、つわりでもないのに、つわりのように吐き出しそうな吐き気を催したり、会議中に頭が割れるような頭痛に襲われて、うめき声を出しながら頭を抱え込んだりと、勤務中に何度もその...

≫続きを読む

 

家族の対応

適応障害にしろ、うつ病にしろ、メンタル系の病気は、家族の温かい気配りと配慮、対応が克服、完治につながる特効薬だったんではないかと今になって、そう思います。適応障害になった理由、現在苦しんでいる症状、それらを家族が理解してくれ、一緒に治療に取り組みむことが早期の回復、完治に結び付くことであり、適応障害...

≫続きを読む

 

一日の過ごし方

毎日、決まった時間に出社し、仕事を終えると帰宅。そんな毎日だった生活が、休職とともに一変しました。この激変も後から思えば、私にはストレスだったのかもしれません。

≫続きを読む

 

薬の効果

適応障害と言っても、クスリを処方する場面では、うつ病に区分されます。したがって、処方される薬はうつ病患者に処方する薬と同じものでした。

≫続きを読む

 

新たな症状が現れる

薬の効果か寝つきが良くなって睡眠時間も長くなったからかそれとも、会社との関係が切れたからなのか頭痛や吐き気、まっすぐ歩けないといった症状は出なくなりました。これはすごく気分的に楽になりました。

≫続きを読む

 

毎月の診察

4週間ごとに、クリニックに出向いて担当医の診察を受けます。先生から聞かれるのは、「その後、どうです?」とか、「気分はいかがですか?」「何時ごろ寝ています?」、「朝は何時ごろ起きます?」「食事はちゃんと食べていますか?」「最近、身の回りで変わったことがありましたか?」私は、心療内科で診療してもらうのは...

≫続きを読む

 

傷病手当金支給を申請

会社は、私が取締役だったということと、復帰する気持ちを伝えていたこともあってか、全額ではありませんが、半年ほどは給与を支払ってくれました。しかし、半年後の2月いっぱいで、その特典は消滅しました。金融機関や株主から、赤字会社でそんなことしてはダメだろうとの突き上げがあったようです。当然です。わたしも同...

≫続きを読む

 

退職

私の退職意思は3か月前の3月に伝えていました。その年の6月の株主総会で承認されました。

≫続きを読む

 

実家に引っ越し、妻と別居

私の病気のこと、完治して復職しても再発の可能性が高いこと復職しても給与が現在よりも低い水準では、やっていけないことなど妻は、状況をよく把握してくれていて、理解者でいてくれると思っていましたが、実はそうではなかったようです。会社に退職意思を伝えた翌月の2012年4月妻から別居を持ち掛けられました。妻の...

≫続きを読む

 

母の死

私が、35年ぶりに高知の実家で生活するようになって18日後に、母が亡くなりました。実は一か月前に脱水症状で医者に担ぎ込まれたばかりで体力的にもちょっと弱っていたんだと思いますが80歳にしては、ボケてないどころか、記憶力もしっかりしていて、思考力も完璧さらに、耳もしっかりしていて、私にメモを書けるほど...

≫続きを読む

 

弟のガン手術

日常生活に何ら問題はなかった弟ですが、母の葬儀のころから、ちょっと背中に痛みがあると言っていて病院で検査をしもらうと腎臓に腫瘍があることがわかりました。その腫瘍が良性か悪性かは、手術して見ないと分からないということです。医大病院で精密検査してもらうと、腎臓に10センチほどの長さの腫瘍があり大動脈にま...

≫続きを読む

 

離婚

妻から正式に離婚の話が出たのは、2013年1月でした。別居の話が出たころから、話の端々にその気配を感じていたのであぁ、こんな感じで世間の人は離婚していくのかな?そんな、なにか他人事のような感じでした。「ホントはもっと前に相談したかったんだけどお母さんが亡くなったりしてバタバタしていたから今になったけ...

≫続きを読む

 

ぜんぜん改善しないことの焦り

私の適応障害の症状が出たのは2011年2月でした。そして、2013年3月までの2年間に、いろいろなことがありました。 休職 退職 実家に引っ越し 妻と別居 母の死 弟のガン手術(10時間に及ぶ大手術) 離婚休職することで、直接のストレス要因から遠ざかりこれで快方に向かうかと期待していましたが、その後...

≫続きを読む

 

劇的に改善し始める

薬を飲んでもクリニックに通院しても全然快方の兆しが感じられないで、悶々としながらもかなり焦っていたとき、ある治療法を知りました。私が劇的改善した適応障害治療法 ⇒ ⇒メンタルサプリプログラム適応障害だけでなく、恐怖症・パニック障害・適応障害・不安神経症・強迫性障害・心身症など心や体の不調を改善する方...

≫続きを読む

 

克服の兆候

それからは、毎日欠かさず「1日5分」に取り組みました。食事や入浴のような義務感でなくて、自分から意欲的に取り組んでいました。最初の効果が自覚できたことは、ふさぎがちだった気分が消えたことです。自分に愛着を感じるようになりました。そうなってくると、くすんで見えていた毎日がしだいに雲一つない青空のように...

≫続きを読む

 

適応障害の完治を実感

1日5分の治療法のおかげで、私の体調はものすごくよくなっていきました。私が劇的改善した適応障害治療法 ⇒ ⇒メンタルサプリプログラム「適応障害の原因を根本から撃退する3つの方法」で、私が早期改善した驚きの適応障害治療法。「もうこれ以上は量を増やせない」と言われた「サインバルタ」毎朝、3錠飲んでいまし...

≫続きを読む