適応障害の劇的な改善

ある治療法を実践する

薬を飲んでもクリニックに通院しても
全然快方の兆しが感じられないで、
悶々としながらもかなり焦っていたとき、
ある治療法を知りました。

 

 

 


私が劇的改善した適応障害治療法
 ⇒ ⇒
メンタルサプリプログラム

 

 

 

適応障害だけでなく、
恐怖症・パニック障害・適応障害・不安神経症・強迫性障害・心身症など
心や体の不調を改善する方法を、長い間さまざまな形で研究してきた先生が、
長年の研究の集大成として、クスリに頼らない治し方を説いたものでした。

 

 

 

劇的改善の第一歩

クスリだけの治療では前進が見られないので
ダメもとで入手して実践し始めました。

 

 

しかし、これが効いたんです!
最初の2〜3日目は効果が見えませんでしたが、
変化があったのは、5日目でした。

 

 

いつもなら、動きたくない、床に腰を下ろして、ボーッとしていたい私が
なぜか庭に出てみたくなり、そして庭木や草花を眺めて、
「伸びた枝切らないとダメだし、荒れ放題の雑草を何とかしなきゃ!」
そんなことを考えていたんです。

 

 

庭から部屋に戻り、いつものように座り込んだときに、
いつもと違う自分に驚きました。

 

 

「あの治療法が効いてる?」

 

 

患者目線の治療法

私が、1日5分実践するだけで、
飛躍的に改善が実感できた治療法は、
「患者目線での治療」でした。


適応障害を治す本は多数ありますが、
それらは、学術的だったり、医師目線だったり
最悪の場合、健常者が適応障害者に対して見下し目線の本ばかりでした。
それらの本に従っていたら、治るどころかますます卑屈になり悪化してしまいます。
患者の身になって、一人一人の症状に合った治療が大事なのです。


「患者のタイプを知り、冷静に対処すれば、短期間で劇的な改善が可能」
私が治療法を実践して感じた、一番のポイントです。


次のページに進む  ⇒ ⇒ ⇒ 『克服の兆候』

適応障害が完治した改善法  ⇒ ⇒ ⇒ 『適応障害症状が一か月で改善』

トップページに戻る  ⇒ ⇒ ⇒ 『トップページ』





劇的に改善し始める関連ページ

適応障害の発症原因
適応障害になった最大の要因は為替です。円高による為替差損でした。
発症時の症状
夜眠れない、頭痛がする、吐き気がする、変な精神状態は要注意
脳神経外科では異常なし
精神的な疾患症状を脳の異常だと勘違いして脳神経外科に行った時の診察内容
適応障害と診断される
適応障害と診断された私の症状は、薬で根気よく直していくしかありませんでした。
休職願いを提出
適応障害の診断書を添えて休職願いを提出。いよいよ治療に専念!
家族の対応
適応障害と診断されたことを家族に報告。そのとき家族は…
一日の過ごし方
適応障害と診断されて休職。休んでいる間の家出の過ごし方について
薬の効果
会社を休職して療養開始。治療は薬だけ。
新たな症状が現れる
薬を頼りに始めた療養生活。適応障害とは違う症状が発症
毎月の診察
定期的に担当医からヒアリングを受け、それに応じて薬の処方を変えたりしていきます
傷病手当金支給を申請
適応障害で会社を休職。無収入を傷病手当金で賄う
退職
業績悪化のため給与減額に。傷病手当金の受給水準を維持のため退職
実家に引っ越し、妻と別居
適応障害で退職し、無収入となった私は、年金暮らしの独居母の面倒みるために実家に引っ越し
母の死
37年ぶりに実家に戻り母との生活開始18目に母が他界
弟のガン手術
ガンと診断された弟の手術は大学病院で10時間にも及ぶ大手術でした
離婚
適応障害で退職し、再就職口もない私に愛想つかした妻から離婚の話が
ぜんぜん改善しないことの焦り
クスリやクリニックでの治療では改善の兆しが感じられませんでした
克服の兆候
長期間、薬やクリニックでも改善しなかった適応障害が、1日5分で治り始めた。
適応障害の完治を実感
2年に及んだ適応障害は、1日5分で克服完治