脳神経外科では異常なし

CTスキャン

偏頭痛がするとは言え、脳みその外傷的な痛みではない感じでした。
しかし、万が一、脳みそに異常が見つかったらどうしよう!
そんな不安を抱きながら、その地域では一番有名な脳神経外科を訪れました。

 

 

待つこと1時間。
呼ばれた外来担当医に最近の症状を告げると、

 

 

本名と生年月日
今日の日付
先生の言うことをおうむ返し
簡単な算数問題
こんなことを言わされたり、

 

 

こぶしを作って親指を曲げたり伸ばしたり、
床の線の上を、線を見ないで真正面を見て歩行
目を閉じて片足立ち
こんなことをさせられました。

 

 

他にもいろいろ言わされたり、させられたりしましたが、
当時は気持ちが高揚していて、あまり記憶がありません。
(この記憶がないというのも、うつ病や適応障害の症状です)

 

 

結局、異常は見当たらないということで、
念のため、CTスキャンをしましょうということで、受けることにしました。

 

 

結果は、すぐに担当医から知らされましたが
やはり、異常は見られないということでした。

 

 

「症状がまだ続くようだったら、もう一度来なさい」
これが診察終了の言葉でした。

 

 

 

頭部CT…X線撮影し、頭蓋骨の中を5mm〜1cm間隔の輪切りにした画像で映し出します

 

 

MRIスキャン

一向に症状が治まらないので、1か月経過して、

6月にもう一度診察してもらいに行きました。

 

 

前回の先生は学会に出席しているらしく、
別の先生が診てくれましたが、
ここでも、前回の先生と同じように
いろいろ言わされたり、歩かされたりしました。

 

 

「前回と同様に、異常はないようですが、
もし、気になるなら、MRIスキャンを受けてみますか?
より細かく検査して、何も異常がない!という方がいいでしょ」

 

 

専門的なことがよくわからない私は、医者のすすめられるままに
受けることにしました。
地域では人気の医院だけあって、2週間先の7月17日まで待たなければなりません。
結果はさらにその10日後まで出ません。

 

 

頭がフラフラしたり頭痛や吐き気に苦しんでいた私は
先生に薬を出してもらえるよう頼みましたが
「原因が特定できない状況では薬は処方できません」

冷たい返事でした。

 

 

(頭部MRI…CTでは写せない小さな脳梗塞や、脳幹部の病変をはっきりととらえます)

 

 

神経内科を推薦される

MRIスキャンでも、結局異常は見られませんでした。

 

 

神経内科で診察してもらったらいかがでしょうか

 

 

そういうことで、自宅と会社のルート上で近い位置にある
クリニックへ紹介状を書いてもらって、
その足で神経内科クリニックに直行しました。

 

 

次のページに進む  ⇒ ⇒ ⇒ 『休職願いを提出』

 

適応障害が完治した改善法  ⇒ ⇒ ⇒ 『適応障害症状が一か月で改善』

 

トップページに戻る  ⇒ ⇒ ⇒ 『トップページ』

 

 

 

 

脳神経外科では異常なし関連ページ

適応障害の発症原因
適応障害になった最大の要因は為替です。円高による為替差損でした。
発症時の症状
夜眠れない、頭痛がする、吐き気がする、変な精神状態は要注意
適応障害と診断される
適応障害と診断された私の症状は、薬で根気よく直していくしかありませんでした。
休職願いを提出
適応障害の診断書を添えて休職願いを提出。いよいよ治療に専念!
家族の対応
適応障害と診断されたことを家族に報告。そのとき家族は…
一日の過ごし方
適応障害と診断されて休職。休んでいる間の家出の過ごし方について
薬の効果
会社を休職して療養開始。治療は薬だけ。
新たな症状が現れる
薬を頼りに始めた療養生活。適応障害とは違う症状が発症
毎月の診察
定期的に担当医からヒアリングを受け、それに応じて薬の処方を変えたりしていきます
傷病手当金支給を申請
適応障害で会社を休職。無収入を傷病手当金で賄う
退職
業績悪化のため給与減額に。傷病手当金の受給水準を維持のため退職
実家に引っ越し、妻と別居
適応障害で退職し、無収入となった私は、年金暮らしの独居母の面倒みるために実家に引っ越し
母の死
37年ぶりに実家に戻り母との生活開始18目に母が他界
弟のガン手術
ガンと診断された弟の手術は大学病院で10時間にも及ぶ大手術でした
離婚
適応障害で退職し、再就職口もない私に愛想つかした妻から離婚の話が
ぜんぜん改善しないことの焦り
クスリやクリニックでの治療では改善の兆しが感じられませんでした
劇的に改善し始める
いっこうに改善しない適応障害が一気に快方に向かい始めた
克服の兆候
長期間、薬やクリニックでも改善しなかった適応障害が、1日5分で治り始めた。
適応障害の完治を実感
2年に及んだ適応障害は、1日5分で克服完治