ストレスは身の回りにありふれています。適応障害は誰でもなるかもしれないのです

適応障害はストレスで誰でもなる

 

ストレスは日常に満ち溢れています。
他人には何でもないことが、本人には心に突き刺さり
後々まで、心の傷をいやせないほど引きずるストレスもあります。

 

人によっては、夜の往来の騒音、夏の暑さもストレスです。
心のバランスを崩すほど大きなストレスは、人によって異なります。

 

適応障害を発症するストレスも、人によって異なります。

 

 

 

 

精神に影響するストレス

 

ストレスに感じるものは、大きな事件や衝撃的なものとは限りません。
日常の何気ない事象や毎日のだれもが関わることでも
その本人にとっては心の奥深くに突き刺さり、
取り去ることができないストレスになりうるのです。

 

 

たとえば、結婚や出産、就職や昇進などのおめでたいことでも
その人にとってはストレスに感じることがあります。

 

そのストレスの程度が大きければ大きいほど、
心の負担が重くなり、そして自分で弾き返せなくなって
ストレスに押しつぶされる形となって適応障害になっていくのです。

 

 

 

           

ストレス要因

 

ストレスは日常のあらゆる場所、場面に溢れています。
それらストレスになりうる要因を見てみましょう。

 

 

 

 

人間関係のストレス要因

 

家族や親戚関係
     病気
     介護
     精神障害
     別居
     離婚
     不倫
     家庭崩壊

     子どもの反抗
     親の再婚
     虐待
     過保護・過干渉
     子どもの誕生
     兄弟不和

 

 

      

 

 

恋愛や交友関係
     病気
     不和
     離別、絶交
     不倫
     失恋

 

 

   

 

 

学校や職場
     不和
     いじめ
     パワハラ
     セクハラ
     過干渉
     人間不信

 

 

 

 

 

社会的要因

 

学校や教育
     授業
     学級環境
     転校
     クラス替え
     席替え
     担任替え
     入学

     卒業

 

 

職業
     失業
     職務内容
     勤務条件
     業務過多や残業
     人間関係
     転職
     職場配転

 

 

 

 

 

環境要因

 

住居問題

 

経済問題

 

福祉や行政問題

 

治安や犯罪問題

 

天候

 

 

 

 

健康要因

 

病気

 

けが

 

リハビリ

 

後遺症

 

睡眠障害

 

食習慣

 

禁煙や禁酒

 

性的障害

 

 

 

私の適応障害治療法  ⇒ ⇒ ⇒ 『適応障害症状が一か月で改善』

 

トップページに戻る  ⇒ ⇒ ⇒ 『トップページ』