適応障害の原因

適応障害の「適応」とは

適応障害の「適応」とは、
「環境に対する適合的な行動や態度をとることで、周囲や自分との調和的な関係を保つこと」です。
これが乱れた時に、対応できなくなった状態が適応障害になるのです。

 

 

分かりやすく言えば、
本来、自分を取り巻く環境や状況にたいして
柔軟に自分を変えていこう、
もしくは、自分の希望や願望に沿った形に、
周囲や環境を変えていこうというという思いに対して、
対応の仕方がうまくいかなくなり、
調和のバランスを書いてしまった状態が適応障害です。

 

 

つまり、適応メカニズムの狂いとも言えます。

 

 

外部要因と内部要因

適応メカニズムの狂いから発症する適応障害は、
そのほとんどの原因がストレスをはねつけることができなかったことに因ります。

 

 

適応障害の発症メカニズムは、ほとんど差がなく、
外部の環境変化からくるストレスと、
その人の心や身体の内側にあるストレス対処要因とが
どのように絡むかが、イチバンの発症原因なのです。

 

 

外部環境はすべてがストレス

外部の環境変化はすべてストレス要因となりえます。

 

 

生活環境の変化
就学、進学、留学、転勤、引っ越し、単身赴任、移動・配転、失業、倒産、定年、
失恋、結婚、離婚、離別、死別、別居など

 

 

対人関係もストレスになることがあります。
夫婦、親子、兄弟、恋人、友人、嫁姑、
同僚、上司、部下、取引先など

 

 

さらには、政治体制の激変、経済、文化、価値観の変化など
事故にあう、けがや病気、手術、出産、中毒や過労なども
ストレス要因です。

 

 

私の適応障害治療法  ⇒ ⇒ ⇒ 『適応障害症状が一か月で改善』

 

トップページに戻る  ⇒ ⇒ ⇒ 『トップページ』