適応障害の薬

薬物療法

適応障害の治療には、
心の問題が原因となって発症している心身症場を改善する
「向精神薬」が主流となっています。

 

 

向精神薬は、
精神状態や行動の改善を図るクスリであり、そこには、

 

抗不安薬

 

抗うつ薬

 

睡眠薬

 

があります。

抗不安薬

別名、精神安定剤とも呼ばれる薬で
現在では、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬がもっとも多く用いられています。
主として、不安や緊張を和らげて身体症状を緩和してくれる作用があります。

 

私が主治医から処方されたのは、エチゾラムでした。

 

 

不安の解消、イライラ感、焦燥感を軽減し、筋肉の緊張をほぐし、リラックスさせる効果があり、
とくに、一時的なストレスから生じた不安や緊張からくる自律神経失調症の身体的症状には
とても有効な薬です。

 

 

即効性があり、副作用も少なく、安全で使いやすいことから
よく処方されますが、それでも、倦怠感や眠気、ふらつき、脱力感などの
副作用があります。

 

 

筋肉弛緩作用もあるので、運転や機械操作中の使用は注意が必要です。
また、まにですが、肝機能障害が発生することもあります。

 

 

トップページに戻る  ⇒ ⇒ ⇒ 『トップページ』

 

 

適応障害が完治した改善法  ⇒ ⇒ ⇒ 『職場で起きる適応障害』

 

トップページに戻る  ⇒ ⇒ ⇒ 『トップページ』