雅子さまの適応障害

雅子様の適応障害発症要因

雅子様が適応障害で静養されていることは有名です。
むしろ、雅子様の病気で、適応障害という病名が世間に広まったと言えます。

 

 

雅子様は、一人の民間人として外務省に勤務されていて
女性初のキャリア官僚として、大きな話題なりました。

 

 

しかし、1993年に皇太子殿下との結婚後、
伝統と慣習に厳格な宮内庁と海外育ちで国際派とみられていた雅子様との間に
不和がささやかされるようになっていきました。

 

 

それ以外にも、お子様に男児を授からなかったことなどもあって
マスコミがいろんなことを取り上げては、必要以上に大騒ぎしたりして
雅子様は、心労が重なっていかれたのだと思います。

 

体調不良による公務休務

最初に公務をお休みされたのは、
1993年の結婚から7年後の2000年7月に香淳皇后の斂葬の儀を欠席されたときです。
同じく2000年8月の佐賀県訪問を中止し、
以後、次第に体調不良を理由とした公務や祭祀への欠席が多くなっていきました。

 

 

世間に雅子様の様子が公表されたのは、4年後の2004年7月末でした。
適応障害で長期間静養」していると発表されてのことです。

 

長引く体調不良

雅子様はゆくゆくは天皇陛下の皇后陛下になる方ですから、
症状改善に宮内庁が全力で取り組んでいるはずです。
早く完治するよう宮内庁の名に懸けて、選りすぐりの名医に治療をしてもらっているはずです。

 

 

しかし、一流の医師団が最高水準の治療を行っていても、
それでも2004年の病気公表から10年近くたった今、完治できていないのです。

 

 

雅子様の適応障害は、
宮内庁との不和、民間人から皇族になった大きな環境変化などが原因でしょう。
適応障害を改善するには、原因を取り除かなければなりません。
そのために、皇族から民間人になること、
つまり、一般的な「離婚」しか克服の道はないのではないでしょうか。

 

 

しかし、それは認められません。
ですので、雅子様の適応障害は、回復する見込みはほとんどないと言えるのではないでしょうか。

 

 

トップページに戻る  ⇒ ⇒ ⇒ 『トップページ』

 

 

 

適応障害が完治した改善法  ⇒ ⇒ ⇒ 『傷病手当金』

 

トップページに戻る  ⇒ ⇒ ⇒ 『トップページ』