命に関わる病気や家族の死が大きなストレスになり適応障害を発症!

配偶者や親しい人の死が適応障害原因に!

 

ある程度のストレスには負けない普通の人でも、
自分のごく近い近親者の死や、自分の命を左右する重病になると
精神穏やかではいられる人は少ないものです。

 

 

 

 

 

 

心の乱れが次第に積み重なっていくと、
簡単には取り除きがたいストレスになり、
精神状態の乱れへと進んでいきます。

 

 

 

 

死別体験で適応障害

 

親や夫、妻、子ども、兄弟の死は大きなストレスになります。
頼りにしていた度合いが強ければ強いほど、
精神状態が立ち直る時間は長くなります。

 

 

 

死別による悲しみのストレスは、
それを弾き返すほどの精神力になれないのが普通です。
とくに女性や年老いてからの男女に多いようです。

 

 

 

時間の経過とともに、心が落ち着きはじめ
周囲の暖かさや新たな人生の生きがいを見出したりして
当初のパニックが収まり、ストレスも軽くなるものです。

 

 

しかし、死別が原因で適応障害を発症すると
適応障害の克服は困難と言えます。

 

 

 

適応障害の原因となるストレスが除去されると
6ヶ月以内に適応障害が回復しますが、
死別ではストレスの原因が解消されないため、
適応障害が長期間にわたる場合が多くあります。

 

 

 

 

自分の重病で適応障害

 

自分の病気を末期のがんだと診断されて、
平静でいられる人はいないでしょう。
ましてや、余命まで宣言されたら発狂しかねません。
若い世代であればなおさらです。

 

 

 

しばらくは日常生活がうつろになり、
上の空状態で何も手につかなくものです。

 

 

 

      

 

 

 

がん診断で適応障害

 

病院検査でがんの可能性を告知されると
その段階で、普通の人は抑うつ状態になります。

 

 

 

悪い方ばかりを考えてしまい
まさかのことばかりを想像してしまいます。
そのため、日常生活に支障をきたし、
生きた心地がしない毎日になるでしょう。

 

 

精密検査の結果、がんと宣告されると、
精神状態の乱れは最高潮になり、
抑うつ状態になり適応障害になることがあります。

 

 

がんなど、命に関わる重大な病気の場合、
一次検査のがんの可能性、精密検査でがん告知、
治療の経過によるがんの進行と改善に一喜一憂し
再発や転移など、あらゆる状況で精神状態を悪化させます。

 

 

 

 

私の適応障害治療法  ⇒ ⇒ ⇒ 『適応障害症状が一か月で改善』

 

トップページに戻る  ⇒ ⇒ ⇒ 『トップページ』