適応障害になるストレスに気づくことで早期回復可能

適応障害の症状まで至るストレス

 

現代では、ストレスは日常のどの場面でもありふれていて
だれもが少なからずストレスと共存生活しているといっても過言ではありません。

 

毎日を楽しく、明るく生きている人でも
実はストレスに気づいていないのかもしれません。
また、ストレスがあってもいつもまにか消えていたり
ムシャクシャする時の自分なりの解消法を知っていて
ストレスが翌日まで繰り越さないコツを心得ているのです。

 

 

適応障害を発症する人は、
そのストレスを過剰に受け止めてしまった結果と言えます。

 

ストレスで精神的にも肉体的にも影響を受けてしまい
心身ともに体調不良を引き起こしてしまうのです。

 

ストレスがカラダに及ぼす症状

ストレスにさらされたとき、
カラダに異常が発生することがあります。

 

動悸

 

 息切れ

 

 手足や全身の震え

 

 

あるストレスに長期間続いて晒されたり、
継続して何度も繰り返されたりすると
身体的に異常を引き起こします。

 

この状態が続くと、慢性的な肩こりや不眠へと発展しかねません。

 

        

ストレスが精神的に及ぼす症状

ストレスの影響は精神面に重大な影響を及ぼします。

 

 

緊張

 

あせり

 

怒り

 

パニック

 

 

このような混乱や自分でも驚くような意外な行動を取ったり
ショックを感じたりします。

 

精神面にストレスの症状が長期間続くと
慢性的な不安感や抑うつ状態、落ち込みへと進み、
やがて適応障害やさらに発展してうつ病になりかねません。

 

ストレスが行動面に影響する症状

     

女性の場合、ムカムカしたり、不愉快なことがあると
美味しいものを食べたくなったり、
ショッピングしたりする人が少なくありません。
これはストレスが行動面に現れた現象です。

 

 

 

食欲や購入欲で解消されれば問題ありませんが、
アルコールや薬物に手が伸びると大変です。
依存症にある傾向が強く、そうなると、

ストレスの解決と併せて依存症治療も必要になります。

 

ストレスを解消できないで適応障害発症

 

日常のどの場面でも存在するストレスですが、
軽いものはわずかな時間で忘れることができますが
自分では解決できない事柄を自分の責任のように感じると
適応障害を発症しかねません。

 

適応障害の原因となるストレスを除去すれば
適応障害は三ヶ月で克服できます。

 

まずストレスに気づき、解消することに注力することが大切です。

 

 

 

 

 

私の適応障害治療法  ⇒ ⇒ ⇒ 『適応障害症状が一か月で改善』

 

トップページに戻る  ⇒ ⇒ ⇒ 『トップページ』