適応障害と傷病手当の申請

私の場合

私は、傷病手当金を2013年3月1日開始で受給し始めて、
2013年9月3日診察分までの、1年半にわたって受給しました。

 

 

 2013年9月 傷病手当金申請最終の申請書(医師記入欄 抜粋)
 

 

 

 

 

 

傷病手当金とは

傷病手当金は、病気休業中に被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた制度で、
被保険者が病気やケガのために会社を休み、
事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給されます。

 

 

申請書はこちら

 

記入例はこちら

 

 

傷病手当金は、休業だけでなく、退職後も受給できます。
受給申請書は、同じものを使用しますので、
退職の際に必要枚数をもらうか、全国健康保険協会の最寄りの支部に連絡して
依頼すれば、もらえます。

 

私は、退職後に郵便で、今後必要になる部数を、
返送用切手と返信封筒を同封して郵送してもらいました。

 

 

  ※ 全国健康保険協会の最寄りの支部は、こちら(サイト上段 左側)
  

支給される条件

傷病手当金は、以下の4つの条件をすべて満たしたときに支給されます。

 

業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること

 

仕事に就くことができないこと

 

連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと

 

休業した期間について給与の支払いがないこと

 

※ 詳細は「全国健康保険協会」の病気やケガで会社を休んだときをご参照ください。

 

 

適応障害が完治した改善法  ⇒ ⇒ ⇒ 『2年のいじめで190万円取られ不登校・適応障害…中学生10人提訴』

 

トップページに戻る  ⇒ ⇒ ⇒ 『トップページ』